プロフィール

鈴木祐子とは?

Yuko Suzuki

海外ロケコーディネーター・映像ディレクター
日英バイリンガルMC・インタビュア
ジャーナリスト・ライター

こんにちは。鈴木祐子(すずき ゆうこ)です。私は、ロンドンを拠点に、世界の放送局やメーカーをクライアントとしてコンテンツ制作関連サービスを提供する、海外ロケコーディネーター日英バイリンガルMC、ジャーナリストです。​

18歳の頃、初めて訪れたイギリス・ロンドンの空気にすっかり魅了され、京都大学に在籍していた学生時代の約半分をイギリスで過ごすことになりました。​大学卒業後すぐ渡英して、Imperial College Londonに大学院留学して理学修士号(MSc)を取得。それから、トヨタのF1チーム、NHKのヨーロッパプロダクションでのキャリアを経て現在に至ります。

今は様々なメディア媒体のための取材をしたり、日英バイリンガルMCとしてイベントでマイクを握る他、ワールドサッカーダイジェスト誌に『フットボールの母国巡礼の旅』連載を寄稿させていただいたり、BBCなどのイギリスメディアにコメンテーターやゲストレポーターとして出演することもあります。著書にはスポーツノンフィクション『義足のアスリート』もあります。

ロンドンにある番組制作会社に勤務していた頃には、NHK BS1週末夜のスポーツ番組『ワールドスポーツ』、『BSベストスポーツ』などでヨーロッパ現地リポーターを勤めました。独立してからは、BBCの番組『チェルシーフラワーショー』になどにバイリンガルレポーターとして出演した経験もあります。

京都大学では、主にアインシュタインやボアの量子力学と相対性理論の哲学および論理学を学びました。Imperial College Londonでは古代ギリシャから現代までの科学史全般の講義を受けると同時に、量子力学の先駆的物理学者たちが20世期初頭のDNAが発見される前の時代に、分子生物学を先取りする説を立てていたことについての研究をしました。

2021年10月からは、英国Open Universityの教育テクノロジー研究所でPhD(博士課程)の奨学生として、STEM教育におけるMR(Mixed Reality)テクノロジー、特に物理学教育のための3D CADモデルの認識学習的利用についての研究を開始しました。(研究の詳細はこちら。)

趣味はアルゼンチンタンゴやサルサを踊ったり、ピアノを弾いたりすることです。さらにヨーロッパにいるからには、テニスや自転車、スキーなどを楽しむと同時に、モータースポーツとサッカー観戦も欠かせません。メディアの仕事に関わる前は、F1チームのスポンサーシップエージェントとして世界中のグランプリを巡りながら旅をしていたこともあります。

これまでに世界25か国以上の現場をカバーし様々なテーマの取材を行ってきました。特にスポーツ、科学、旅や文化をテーマとしたドキュメンタリーやファクチュアルなどのジャンルが得意です。日英の放送局やメディア、メーカー、自治体などをクライアントとして、様々な分野で培った幅広い経験を生かし、アドホックなそしてニーシュなご要望にもお答えするべく日々邁進しています!



好奇心と向上心は人に負けない合理的かつエネルギッシュで明るい性格ですが、食べることと眠ることも大好きです。おいしい食事と快適な睡眠がエネルギーの根源なので、もしレストランや移動中の車中で充電している姿を見かけてもどうかお許しください!