ウェディングフォト撮影

ロンドンウェディングフォト撮影

イギリスロンドンでのウェディングフォト

英国ロンドンのロマンチックな街角で撮る永遠の瞬間。前撮り、ハネムーン撮影、ウェディングフォト、お2人だけのためのウェディング写真撮影をコーディネートします!

「ヨーロッパの街の風景に包まれたハネムーンの思い出を写真に収めたい。」「前撮りウェディングフォトで2人の大切な瞬間を残したい。」そんなお客様のために、お二人にぴったりのビスポーク・フォトウェディングをプランニングから現場撮影までコーディネートさせていただきます。前撮り、ハネムーン撮影など、幅広い用途に対応させていただきます。

2006年よりCMや広告、雑誌、テレビ番組など様々な撮影現場でお仕事してきました。その経験をフルに生かして、ロンドンをはじめイギリスやヨーロッパでの撮影プランをご提案、サポートさせていただきます。英語での撮影交渉や現場のコミュニケーションも安心してお任せください。

人気フォトグラファーとの撮影から、雑誌にも写真を出版しているYUKO自身が撮影するプチ撮影プランまで、お2人にぴったりのプランをご提案させていただいています。

ご家族やお友達、一人旅の方もお撮りします!

また、ハネムーンやウェディングフォトだけではなく、ご家族やお友達、SNS用イメージ撮影や一人旅の思い出を残したい方のための撮影もお受けしています。直前のご連絡でもスケジュールが合えば対応させていただいていますので、ご興味のある方はいつでもお気軽にご相談ください!




ウェディング撮影料金

▶︎プチ撮影:250ポンド(30,000円相当)

所要時間1時間程度
ロンドンの人気スポット1箇所でのスナップ撮影
雑誌などにも写真を出版しているYUKO自身が撮影するプランです。


撮影時間、撮影箇所の追加は+1時間あたり200ポンド〜

交通費負担でロンドン以外の場所での出張撮影も可能です!

▶︎プロ撮影:1500ポンド〜(200,000円相当〜)

所要時間3時間程度
現地人気フォトグラファーによるロンドン名所3、4箇所での撮影
ホテルからの送迎、日本語対応撮影サポート付きで安心です。

​▶︎ビスポーク撮影:2000ポンド〜(300,000円相当〜)

お客様のご希望に応じてプランニングさせていただきます。​詳細はお問い合わせください。

▶︎出張ヘア&メイク:300ポンド〜

▶︎追加リタッチ(写真加工):300ポンド〜



ウェディング撮影についてよくある質問

Q:おすすめコースを教えてください。

一番お手軽なのは、ロンドンのランドマーク1箇所の周りで撮影するプチ撮影です。アイコニックなロンドンの名所と、雰囲気のあるアーティスティックなショットを混ぜて様々なショットを撮影させていただきます。それほど移動なしにバリエーションの豊富なショットの撮れる場所としては、タワーブリッジ、ウェストミンスター、セントポール周辺などがおすすめです。

​撮影スポットの例としては、以下のような場所での撮影を行なっています。

  1. https://goo.gl/maps/bnjbSsFUNt9Cyrpa6
  2. https://goo.gl/maps/nDvAwd5TyHWaraXu7
  3. https://goo.gl/maps/7i8NPafGd1iUpwDz6
  4. https://goo.gl/maps/RDq6S7HYV7uS2gyJ9
  5. https://goo.gl/maps/BcKgNEGYzTajD9oN7
  6. https://goo.gl/maps/MwitQDxTXE82Qzfq6
  7. https://goo.gl/maps/4CmpGeoRYJ2ppSsB9

Q:何枚くらいの写真を受け取ることができますか?

プロ撮影では担当フォトグラファーにもよりますが、30枚以上のリタッチ済み写真をお渡ししています。プチ撮影ではリタッチ済み写真を15枚程度、リタッチなしのカットは撮影した分だけお渡ししています。1時間で200枚以上の写真を撮ることも可能です。

Q:プチ撮影ではどんなことができますか?

プチ撮影はお客様のリクエストに沿って出来る限りフレキシブルに対応させていただくことができるプランです。いろんなポーズや構図などもお客様と一緒にアイディアを出し合いながら撮影していきます。こちらのイメージを押し付けるのではなく、お2人の撮りたい作品作りに協力させていただくというスタンスですので、リラックスして撮影を楽しんでください。

Q:撮影場所への移動手段はどうなりますか?

プチ撮影は基本現地で待ち合わせとなります。移動が必要な場合は、ブラックキャブやミニキャブを利用することになりますが、タクシー代はお客様のご負担でお願いしています。タクシーを捕まえるお手伝いなどはもちろんこちらでさせていただきます。

プロ撮影ではホテルからの送迎車両付きとさせていただいています。ビスポーク撮影では撮影大道具にもなるロンドンバスのハイヤーなどもアレンジできます。ご希望をお知らせください。

​Q:雨が降った場合はどうなりますか?

撮影スタッフのスケジュールが許す範囲での日程振替には応じていますが、ご希望の日をお取りできる保証はできません。でも、イギリスのフォトグラファーは雨の日の撮影にも慣れていますので、逆にお天気を利用したアーティスティックな写真が撮れるのも魅力と言えます。

​Q:撮影は何時からのスタートになりますか?

撮影時間については光の加減が天気や季節によっても異なるため、できるだけお客様のご希望に添えるようにしています。撮影前にはヘアメイクの時間なども必要だと思いますので、あまり早い時間はおすすめしていませんが、基本的には10時くらいから夕方20時くらいまでの間の時間で何時でも対応しています。

ロンドンでは最も多い曇りの日であれば、昼間の時間帯の撮影でそれほど写真の雰囲気に変化が出ることはありません。個人的には曇りの日の強制フラッシュ撮影は、お肌がとても綺麗に映るので好きです。晴れの日の撮影であれば、日没の時間を考慮されると良いかもしれません。背景に入れたいランドマークの方角にもよりますが、夕日を背負ったようなお写真もロマンチックですね。

また夏の観光シーズンでは午後から人が多くなることも多いです。午前中は比較的人混みを避けて撮影することもできますので、考慮するポイントの一つと言えます。撮影したい写真のイメージに合わせて、ご希望のお時間をお知らせください。

Q:他の会社の同様のサービスと何が違いますか?

テレビやCMの撮影経験も豊富な私たちのサービスを求めて来られるお客様の声としては、現地在住の日本人ウェディングフォトグラファー撮影のクオリティに満足されない方からのご依頼が多いです。せっかくロンドンにいらっしゃるので、現地の雰囲気を色濃く反映させた撮影がしたい、商業撮影も手がけるスタッフから見た自分たちの姿を写真におさめたいという方に喜んでいただいています。

Q:撮影許可が必要な場合もありますか?

撮影ご希望の場所によっては、料金を払って撮影許可を取らなければいけない場所もあります。ロンドンの名所の敷地内で商業撮影をする場合は、ほとんどの場所の許可申請をしなければいけないことになっており、ウェディング撮影も商業撮影とみなされるケースもあります。でも、私たちは様々な商業撮影の経験から、許可なしでもランドマークが素敵に入るとっておきの撮影スポットを知っていてそういう場所へお連れしますのでご安心ください。

私有地で撮影したい場所があって許可を取って欲しいという場合は、別途料金で申請代行や許可交渉も承っております。ランドマークの私有地での撮影料金は、1箇所 100ポンド程度から1500ポンド以上まで様々です。まずはご希望をお知らせください。

Q:お支払いについてはどのようになりますか?

スケジュール確保のため、ご予約確定時点でお支払い手続きをいただく形を基本とさせていただいていますが、プチ撮影の場合は当日キャッシュでもOKです。PayPalを使ってクレジットカードでお支払いいただける他、銀行送金でも対応させていただいています(PayPalの場合は20ポンドの受取手数料をご負担いただいています)。ご希望をお知らせください。

Q:現地でウェディングドレスなどの衣装を借りることはできますか?

日本の貸衣装屋さんのようなお店が少ないことや、現地のドレスが日本人にサイズが合わないことも多いため、衣装はお持ち込みされることをおすすめしています。さらに言えば、撮影中外を歩いたり、ポージングしたりしてドレスが汚れる可能性もあるので、実際にウェディングで着用されるドレスとは別に、安いものを撮影用にご用意されると理想的です。安く手に入るドレスのリンクを下にも載せていますので参考にしてみてくださいね。

Q:イギリス現地でドレスを手配するなら、どんなオプションがありますか?

イギリス現地で、きちんとしたウェディングドレスを手配したいというお客様は、以下のリンクのお店などをご利用ください。通訳としてアテンドして欲しいという場合は、別料金になりますが対応させていただいています。
https://www.thebridalgalleryuk.com/hire-bridal-gown

​ドレスや小物の購入でブライダルショップをお探しであれば以下のようなお店があります。

WED2B London (Central)
9 Baker St, Marylebone, London W1U 3AH
020 3879 0789
https://goo.gl/maps/Mw8m4vr8NweyVbrNA

Bridal Rogue Gallery
20-22 Chiltern St, Marylebone, London W1U 7QD
020 7224 7414
https://goo.gl/maps/NpJC31ER92vq1Jab6

JsCouture
39 Blandford St, Marylebone, London W1U 7HD
020 7935 4242
https://goo.gl/maps/KAJCq83iPVvcMDuv8

ヴェールを含む小物などは、オックスフォードストリートにあるTOPSHOPなどで​も安く購入することができます。ローズなどシンプルな花束であれば、スーパーなどでも数百円程度から購入できます。

現地のオンラインショップを利用するのであれば、以下のサイトで1万円以下の安いドレスを購入することもできます。

https://www.asos.com/search/?q=wedding+dress

https://www.zalando.co.uk/women/?q=wedding+dress

​Q:現地のサロンでヘアメイクをやってもらうことはできますか?

プロのヘアメイクさんを撮影に同行されるとそれなりにお値段もかさんでしまうので、安く済ませたいというお客様には、撮影前にご自身で日系のサロンに行かれることをおすすめしています。良心的なお値段でやってくれるサロンには以下のようなお店があります。
https://www.theory-hair.com/


Q:撮影についてのアドバイスはありますか?

イギリスのお天気は変わりやすく地面が濡れていることがあるので、お式で着られた大切なドレスではなく、撮影用に多少汚れてもよい別のドレスを用意される方もいらっしゃいます。上記のようなロンドンのドレスショップやアマゾンなどでも安いウェディングドレスを購入できます!このページに写真を載せているドレスは、5000円前後購入できるものです。

また、ショットにバリエーションをつけるため少し歩いていただくこともあるので、撮影用の靴のほか、歩きやすい靴を持って来ていただくと快適に撮影できますよ。

プチ撮影の際、貴重品については私のクロスボディバッグに入れさせていただき、体に付けた状態で携帯させていただきますが、脱いだジャケットや靴などは大きめのスーパーなどのバッグに1つにまとめられるようにしていただくと便利です。プチ撮影ではアシスタントを付けずにコスト削減をしているため、お荷物は撮影場所の近くの地面に置くという状態になります。

プロ撮影ではハイヤー車両があり、コーディネーターも同行しますので、お荷物をお預かりすることができます。ご希望のお客様にはプチ撮影に車両をつけるプランもご案内しています。

Q:雑誌やポスターの写真のように加工してもらうことはできますか?

有名ブランドの広告なども手がけるプロのリタッチャーをアレンジさせていただくことができます。イメージをお知らせください。

ウェディング撮影をされたお客様の声


「今まででやった写真撮影の中で一番楽しかったです!」
「リラックスして撮影することができました。」
「細かいケアをしていただける気遣いを感じました。」
「とても楽しい撮影でした!YUKOさんにお願いしてよかったです。」
「どの写真もとても素敵で嬉しいです!」

「撮っていただいた写真は友達にも素敵な写真と大好評です!」

などたくさんの嬉しい声をいただいています!

YUKOに依頼すると得すること!

​顔が見えるサービスを受けられます!フリーランスとそのネットワークという立場でお仕事させていただいているので、大きな制作会社さんのようにたくさんのプロジェクトをお受けすることはできませんが、単に会社から派遣されてきた1人というのではなく、名前を出しご指名いただいてコーディネーターのお仕事させていただいている以上、最大の誠意と責任を持って、大切なお客様のプロジェクト成功のために尽力させていただきます。そして何より、お客さまも撮影スタッフもみんなが楽しめる撮影現場を保証します!

一緒に楽しい撮影をしたいという方は、下のフォームよりお気軽にお問い合わせください!