英語発音矯正のポイント

英語の発音のポイント

英語の発音矯正のポイント

英語の発音矯正を成功させ、外国人相手にも伝わりやすく、ビジネスシーンでもスマートな印象与えることのできる綺麗な英語を話せるようになるためには、具体的にどんな点に気をつけて改善していけば良いのでしょうか?

日本人が英語の発音を効率よく矯正するためにまず注意を払っていただきたいのが、以下のポイントです。英語の発音を本格的に、かつ効率よく矯正したいという人は「ネイティブに近く英語発音矯正講座」がおすすめです!

英語の発音記号

英語の発音を真剣に学びたいのであれば、英語の発音記号の使い方をマスターする必要があります。英語の発音記号は、日本語ネイティブにとっては耳で聞きわけることの難しい音を、視覚的に理解することができるため非常に便利なツールと言えます。英語の発音記号の全体を把握することで、英語に登場する音の全貌を掴んでいただくことができます。

LRの発音​の違い

英語の子音の発音は、大きく分けると有声音と無声音と呼ばれる2つに分けることができます。さらに、調声部位による仕分け、調音方法による仕分けにより、英語に登場する子音のそれぞれの特徴を論理的に理解することができますが、音の特徴を耳で聞くだけでなく、口の形の作り方、呼吸法を通して理解することで、日本語にない音を聞き取る能力を身につけることができます。

THの発音のコツ

日本人が苦手とするTHの音の発音のポイントについてまとめています。子音を正しく発音するためには、顎、唇、舌といった口の形を意識すると同時に、息の吐き出し方もまたポイントとなります。

英語の強形と弱形の発音

英語の発音には「強形」と「弱形」と呼ばれるものがあります。意味が全く同じ一つの単語の発音でも、話し手の意図や文脈などによって、2種類の異なる発音が可能なことがあるのです。日本語には強形と弱形の発音の違いに該当するものがないため、日本人は発音の違いを見逃していることが多くあります。よって強形と弱形がそれぞれどのような場合に使われるのかを理解しておく必要があります。

英語のリズムとイントネーション​

英語の発音はどうすればもっと英語らしく聞こえるのか、というその問いを解く鍵は英語の「リズム」と「抑揚」にあります。もちろん音節レベルで正しく発音することも重要ですが、それ以上にネイティブにより英語らしいと感じられるように英語を話すためには、文単位のリズムや抑揚を意識することが必要です。英語のイントネーションには明確な3つのルールがあるため、それをマスターすることで英語らしいリズムや抑揚を作り出すことができます。

英語のリンキング(ジョイニング、リエゾン)

リンキングは単語と単語の間の発音の繋がりのことを指す言葉です。ジョイニング、リエゾンなどと呼ばれることもあります。リンキングはより自然な発音で英語を話すのに役立つだけでなく、知識として学ぶことでリスニング力をあげる効果もあります。はっきりと発音されない音や、前後の音の組み合わせによって変化する音を学ぶことで、耳に聞こえてこない音の単語を予測する能力が圧倒的に高まるのです。

Leave a Reply